しいたけの料理法
 
●生しいたけの炭火焼
 炭火に餅焼き用の金網、あるいはガスコンロに魚焼き用の金網をのせ、しいたけの傘を下にして載せ、ひだの所にバター・醤油・酒を少したらして弱火で焼き、柄をつかんで食べる。
●生しいたけの肉詰め揚げ
 豚挽き肉、ニラ、たまねぎをみじん切りにし、塩、こしょうをいれ練り、しいたけの軸を切り、傘の裏に小麦粉をふりかけ、先の材料を詰め、これに天ぷらの衣をつけ中温で揚げ、酢醤油にラー油少々のたれにつけ、熱いうちに食べる。
●干しいたけのうま煮
 5〜6分開きのよく乾燥したドンコを水に浸して軟らかくし、足を切り捨て、浸した水はこしてきれいにします。その浸し水と砂糖、酒、みりん、醤油でキノコを煮て沸騰したらアクを取り、中火で汁がなくなるまで煮詰める。
●しいたけの握りずし
 乾しいたけの小〜中葉のコウコまたはコウシンを水にもどし、うま煮風に煮付けておきます。すし飯を作り、汁気を搾った先のしいたけを種にして握り、または押しずしにします。
●生しいたけのどんぶり飯
 生しいたけは軸を切り、酒で洗う。酒、みりん、醤油を合わせて、たれを作る。熱した焼き網にしいたけを裏側から載せて、たれをつけながら1〜2回返して両面とも焼く。焼きあがったらたれの中に入れて、汁を含ませる。どんぶりにご飯を盛り、しその葉2枚をのせしいたけをのせて、柚子の皮をおろしふりかける。
●生しいたけのステーキ
 しいたけは軸を切り、酒で洗う。にんにく、しょうがは軽くたたいてつぶす。あさつきは小口切りにし、しいたけを焼く前に盛り皿を温めておく。フライパンにバターを溶かし、しいたけを裏側から入れ、両面とも焼き、水気が出てきたら強火にして煮詰め、塩こしょうを各少々ふり、ブランデーをかけてアルコール分をとばす。好みで焼きあがりに醤油を加えても良い。さらに盛り、大根おろしとあさつきをのせパセリとレモンを添える。